智弁和歌山と智弁学園の宗教は辯天宗!生徒に信者はほとんどいない?

智弁和歌山と智弁学園が甲子園の決勝戦でぶつかり、見事智弁和歌山が優勝を果たしましたね!

そんな智弁対決となった2021年の甲子園ですが、この『智弁』というのは同じ宗教である辯天宗からきていることが判明しています。

実際に生徒に宗教信者はどのくらいいるのでしょうか?

今回は、『 智弁和歌山と智弁学園の宗教は辯天宗!生徒に信者はほとんどいない?』と題して、智弁にまつわる宗教についてまとめました。

それでは早速本題にいきましょう!

智弁和歌山と智弁学園の宗教『辯天宗』とは

まず大前提として智弁学園と智弁和歌山の設立の母体になっている辯天宗とは一体どんな宗教か見ていきましょう。

辯天宗ってどんな宗教?

・1934年に大森智辯が天啓を受け、1952年に辯天宗が結成された

・2002年には、立宗50年を期に、包括宗教法人として『辯天宗』の設立登記が行われた

・年間を通じて、生誕祭、彼岸祭、茨木辯天花火大会、十五童子祭などの行事が行われている

智弁和歌山と智弁学園の設立母体の辯天州は、1952年に新しく結成された宗教の中ではかなり新しい宗教です。

辯天宗は、喜びの多い家庭や社会の実現のために、「水の心」を広める活動をているようですね。

辯天宗は、喜びの多い家庭と社会の実現のために、
御本尊大辯才天女尊の御心である
「水の心」を、一人でも多くの方々に知っていただきたいと願っています。
引用:https://www.bentenshu.or.jp

智弁和歌山と智弁学園は兄弟校ということですが、

智弁学園→1965年設立

智弁和歌山→1978年設立

ということが判明しております。

智弁学園の方が智弁和歌山より13年ほど設立が早いようですね。

智弁和歌山と智弁学園に宗教信者はほとんどいない?

智弁和歌山や智弁学園は設立母体が辯天宗の宗教ということで、どのくらい信者がいるのか気になった方は多いのではないのでしょうか。

結論から申し上げますと、信者はほとんどいないそうです。

それこそ智弁学園が設立した当初の時などは、数珠を手首につけて打席に入る前にお祈りする生徒もいたそうなのですが、今は禁止されています。

それに、智弁学園の監督が生徒も自身も宗教信者でないことを明かしています。

「昔は打席に入る時に、手首につけた念珠を触るような選手もいましたが、今では危険だということで禁止されています。私も信者ではありませんし、生徒もほとんどが違います」(同前)
引用:https://www.news-postseven.com/archives/20150403_313071.html?DETAIL

そしてこの発言をしている高嶋仁監督は、智弁学園のコーチを経験してから、智弁和歌山の監督へと赴任しているので、この発言の信憑性はかなり高いです。

智弁学園の元監督高嶋仁

智弁和歌山の元監督高嶋仁

このことからも宗教色が薄くなっていることがわかりますね。

智弁和歌山は元々は辯天宗の紫色ユニフォームだった

智弁学園と智弁和歌山宗教色の薄いもう一つの理由として、智弁和歌山のユニフォームの色の変更が挙げられます。

辯天宗は元々、紫が基調になっている宗教です。

智弁和歌山と智弁学園の設立母体の辯天宗の紋様

画像引用:https://www.facebook.com/bentenshu/

今でこそユニフォームの文字は赤色なのが特徴的ですが、このようなこともあり元々は紫を基調としたユニフォームだったんです。

智弁和歌山の昔と今のユニフォームの変更点

左が現在で右が昔の智弁和歌山のユニフォーム

ただ、紫の文字を基調とした宗教が設立母体となっている野球の強豪校はご存知ないですか?

そう、天理高校です。

特に宗教団体としてライバル心を抱いているわけではないようなのですが、『高校野球強豪校の紫といえば天理』というイメージがすでに浸透していたために変更したといいます。

私が奈良の智弁学園の監督になったばかりの頃に、藤田照清前理事長のご意向で変更しました。やはり高校野球で紫といえば天理ですから。智弁の『C』の人文字もPLに倣ってのことでしたが、野球におけるライバル意識だけで、宗教団体としての対抗意識はありません
引用:https://www.news-postseven.com/archives/20150403_313071.html?DETAIL

本来宗教色がかなり強い高校なら信仰宗教に倣って紫を守るはずですよね。

このことから、智弁学園や智弁和歌山の宗教色がかなり薄くなっていると言えますよね。

智弁和歌山と智弁学園の宗教まとめ

今回は、『 智弁学園と智弁和歌山の宗教は辯天宗!生徒に信者はほとんどいない?』と題して、智弁にまつわる宗教についてまとめました。

智弁和歌山と智弁和歌山の設立母体が辯天宗という新しい宗教であるということや、今は生徒に信者は少なく、宗教色がかなり薄くなっていることが判明しました。

智弁学園も智弁和歌山も甲子園の決勝に駒を進めるほどですし、『野球がしたいからこの高校に入る!』という生徒さんが多くなっているからかもしれませんね。

今回の記事は以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です