新谷仁美の引退理由は怪我だけじゃない?減量生活から会見内容まとめ

新谷仁美(にいやひとみ)さんは25歳という若さで陸上競技の現役を一度引退したのちに5年間のブランクを経て復帰しています。

そして、2018年に復帰後には日本記録を樹立するなどめざましい活躍を遂げています。

新谷仁美さんの引退理由は公には怪我とされていますが、過酷な減量で精神的にも追い詰められていたのが原因の一つのようです。

それでは、なぜ新谷仁美さんが引退をしたのか、引退会見から復帰理由、復帰後の活動まで見ていきましょう。

新谷仁美のプロフィール

新谷仁美

新谷仁美のプロフィール

名前:新谷仁美

生年月日:1988年2月26日

出身:岡山県総社市

身長:166cm

体重:44kg

新谷仁美さんは学生時代からずっと日本のトップを走り続けてきた選手です。

新谷仁美の高校時代

高校時代の新谷仁美

岡山県の興譲館高校時代には全国駅伝に3年連続で出場し、高校3年生の時には全国優勝を果たしています。

それに加え、新谷仁美さんはエース区間である第一区で1年生の時から3年連続で区間賞を獲得しました。

新谷仁美の高校時代

他にも2005年に地元岡山で開催された晴れの国岡山国体では選手宣誓を務め、3000mでも優勝して同年のインターハイの同種目でも優勝。

続く世界女子ユースでも銅メダル、タイムトライアルIN長崎5000mでは高校歴代2位の記録を叩き出し優勝。

実業団に入ってからも高橋尚子の再来と言われ、競技をマラソンに移しても2007年の東京マラソンで優勝しました。

モスクワ世界陸上出場時の新谷仁美

5位入賞にも悔しい表情をする新谷仁美

2013年の世界陸上モスクワ大会女子10000mで5位入賞、同年の第97回の10000mでは大会新記録をマークしています。

ここまで経歴が凄まじい新谷仁美さんですが、なぜ現役を引退してしまったのか、理由を見ていきましょう。

新谷仁美の引退理由は怪我だけじゃない!過酷すぎる減量生活

新谷仁美

輝かしい経歴の持ち主の新谷仁美さんですが、2014年1月31日に引退会見を開き引退しています。

当時なんと25歳と、まさにこれからという時期でした。

5位入賞を成し遂げたモスクワ世界陸上から長引いていた、右足かかとの足底筋膜炎が原因でした。

医師の話によると、

・手術しても完治する可能性は50%
・完治後もリハビリに1年間の時間を要する

ということだったのです。

新谷仁美さんは天才とは言われていたものの、走ること自体は嫌いで陸上を完全にお金を稼ぐための“仕事”として割り切っています。

その新谷仁美さんがモチベーションを保つのは難しかったようです。

さらには足への負担を和らげるためにかなり過酷な減量をしていました。

身長165cmもあったにもかかわらず、体脂肪率は2%、体重は40キロまで落とし、無月経にもなってしまいました。

そんなこともあり精神的にも追い詰められてしまったことから、新谷仁美さんは引退を決断したと言います。

24歳の時、ケガをきっかけに足への負担を軽くするため、過度な減量。身長165㎝にもかかわらず、一時は体重40キロ、体脂肪率2%台まで体を絞りながら、痛みを我慢して競技を続けていた。
引用:マイナビニュース

当時を振り返り、

『支えるメンタルが自分の中でコントロールできずにいたが、周りを信用していなかったので助けを求めもういいや、やめ時かなと思った』

と復帰後に語っています。

新谷仁美の引退会見の内容は?

新谷仁美さんは先述の通り2014年1月31日引退会見を開きました。

引退会見時の新谷仁美

引退会見時の新谷仁美

その会見での内容を簡単にまとめると、

・足の怪我の状態を知った時、『これで引退できる』と正直ホッとした

・モスクワ世界陸上の時にはもうすでに最後の世界大会にするということを決めていた。

・その世界陸上では5位入賞で自己ベストの走りはできたがメダル獲得できなかったので“プロ失格”引退するしかないと感じた。

・今後は陸上との関係を一切断つ

ということを明らかにしました。

新谷仁美さんは『超結果至上主義』として有名ですが、最後の記者会見でもそのストイックな様子が伺えますね。

「足の状態を知った時、ホッとした。これで舞台から下りることが出来る、やっと競技をやめられると思った瞬間だった」と決断。翌年の世界選手権を、最後の世界舞台にすることを決めたという。
引用:日刊スポーツ

新谷仁美は引退後何していた?

新谷仁美

新谷仁美さんは引退後はOLとして働いていました。

主に仕事はデスクワークで、本当に一般的なWordやPowerPointを使って業務をしていたそうです。

しかしながら今まで陸上一筋だったこともあり、定時で終わる仕事もいつも残業まで長引き、同僚の何倍もの労力を使っていました。

ビキニを着るためにダイエット目的で腹筋は毎日300回くらいやっていた時期はあるものの、ランニングは一切行っていませんでした。

食生活や生活リズムも一変し、次の日気にせず夜遅くまで遊んだり、ファストフードを楽しんだり、家に帰っても大量に買って帰ったお菓子を食べ映画で夜更かしもしたんだそう。

現役時代が痩せすぎていたということもあったとは思いますが、体重も13キロ増えたそうです。

事務仕事が中心で定時に帰る毎日。次の日を気にすることなく夜遅くまで遊んだ。好きなものは好きなだけ食べた。金曜日の夜は、ファストフード店のポテトを家に帰るまでの道中に食べ、家に帰れば大量に買って帰ったお菓子を食べながら映画を見た。
引用:NHK

新谷仁美の復帰理由は?

新谷仁美の復帰後の画像

新谷仁美さんが復帰した主な理由は、『お金のため』と公言しています。

なんでも思ったことを言う新谷仁美さんですが、陸上は嫌いで復帰を決断した1番の決め手は、

『単純にOL時代よりお金が稼げたから』

と話しています。

「アスリートは走るのが好きみたいに思われますが、私、全然そういうのじゃないんで。単純に復帰したきっかけは、OLで稼ぐより、走るほうが給料がよかったから。それだけです」
引用:Yahoo!ニュース

ただこの“お金のため”という理由の他にも、OL時代の生活には違和感を大きく感じていたことも大きな復帰理由の一つです。

当時を振り返り、

「OLを経験して学んだことがある。好きでも嫌いでもうやりがいを感じないと続かないということだ」

と話しています。

OLを経験して学んだことがある。好きでも嫌いでも、やりがいを感じられないと続かないということだ。アスリートだけでなくほかの職業でもそうだと思うけど(その職業に対し)“なんとかしよう”とか“すごく強い気持ちを持ちたい”というものがないと、いい1日を過ごせないと思った。
引用:NHK

強い気持ちを持ってスポーツをしていた人が、その競技を離れたり引退した時に『燃え尽き症候群』になってしまうのはあるあるです。

きっと新谷仁美さんもそのような状態だったのでしょう。

お金というすごくドライな面も感じる一面、30代になっても復帰した様子を見ると、陸上に対しての情熱も非常に感じますよね。

新谷仁美の復帰後の活動は?

新谷仁美

新谷仁美さんは2018年6月9日に日体大長距離記録会で5年間のブランクを経たのちに、『NIKE TOKYO TC』に所属して復帰を果たしました。

その後は2019年の全国都道府県対抗女子駅伝に出場して、アンカーで7人抜きをして区間賞を受賞。

2019年には『NIKE TOKYO TC』が解散したことをきっかけに2020年の1月6日から積水化学女子陸上競技部に移籍しました。

そして最も話題になったのが、2020年12月4日に行われた東京オリンピック選考会を兼ねた日本陸上競技選手権長距離種目の10000mに出場した時のことでした。

驚くことに18年ぶりに日本新記録を塗り替え、東京オリンピック出場を決めたのです。

本当に5年間ものブランクがあったとは思えないですし、凄まじい活躍ですよね。

自身の経験を活かしてこんな活動も

新谷仁美

また、自身の活動を活かして選手の食生活に関しても積極的に言及されています。

自身が最も好成績を出したモスクワ世界陸上に無月経で挑んでいたことを、“消したい過去”というふうに語り、Twitterでも自身の意見を述べています。

画像引用:https://twitter.com/iam_hitominiiya/status/1223105078254432257?s=20

画像引用:https://twitter.com/iam_hitominiiya/status/1223105078254432257?s=20

過去にそのストイックな性格から指導者とぶつかることもあり、『孤高のランナー』と称されることもあった新谷仁美さん。

しかし現在はこのような活動を行なっていたり、復帰後は周囲の方をちゃんと頼るようになったそうです。

その成果もあり、栄養面や体作りなど結果につながっていると話します。

(結果が出ている)一番の要因は、過去と違って周りを信用して自分の思いを話し、しっかりコミュニケーションが取れていること。コーチやマネージャーに自分ができない部分をしっかり託している。
引用:NHK

高校時代は弛んでいるという理由で顧問の先生に

『殴ってください』

と直訴するほど自分に厳しい新谷仁美さんですので体調面などが心配でしたが、復帰後は心配なさそうですね!

東京五輪の結果にも期待したいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です