俳優

岡田健史の本名は水上恒司!創成館高校野球部の新聞証拠画像で判明!読み方や改名理由は?

本名水上恒司の岡田健史

現在俳優として活躍されている岡田健史さんが本名に改名するということで話題になっていますね。

岡田健史さんの本名は水上恒司で、読み方はみずかみこうしです。

高校卒業してから中学聖日記で大ブレイクした岡田健史さんですが、本名が流出したのは創成館高校野球部時代の新聞掲載や当時の人を知る方の証言からでした。

また岡田健史という芸名の由来改名理由、本名水上恒司の証拠画像や卒アルはあるのか気になりますね。

それでは早速いきましょう!

【証拠画像】岡田健史の本名が創成館高校時代の新聞掲載で判明!卒アルはある?

芸名で活動されている岡田健史さんの本名がなぜ判明したのかというと、

・出身である長崎県のユニフォームに水上恒司の記載
・創成館高校時代に新聞に掲載されてしまったから

なのです。

岡田健史さんの本名が記載してある創成館高校時代の写真がこちら。

本名水上恒司の岡田健史

さらにネームをアップしてみると、よく分かります。

岡田健史の本名がわかる画像

少しわかりにくいですが、投稿にも#水上恒司とあります。

その上、岡田健史さんが高校3年生の2017年のときに新聞に名前が記載されているので間違いなさそうです。

岡田健史の本名がわかる画像

さらには、出身中学の部分にも和白丘とありますが岡田健史さんの出身中学校は和白丘中学と判明しています。

岡田健史の本名がわかる画像

胸にもバッチリ“水上”の文字がありますね。

他にもこんなツイートも。

岡田健史の本名が水上恒司とわかる画像

こちらのツイートの投稿主はおそらく創成館高校時代の水上恒司さん時代を知る人物のようですね。

当時からイケメンキャッチャーとしてかなり人気だった岡田健史さん。

念の為顔も比較してみると、同一人物であることが分かります。

岡田健史

高校時代の卒アルが気になる方は多いようですが、残念ながら現在水上恒司さんの卒アルは出回っておりませんでした。

また情報が上がってきましたら追記していきますね!

岡田健史の改名理由や芸名の由来は?

岡田健史の本名がわかる画像

岡田健史さんの改名の理由ですが、自身が所属するスウィートパワーの社長がモラハラ&セクハラにより裁判を起こしたことがきっかけでした。

さらに芸名『岡田健史』の由来がその社長の岡田直弓さんの姓からとったものだったからという理由もあるようです。

やりたくない仕事を多く振られたり、事務所の所属タレントが次々に独立することに疑念や不信感を元から抱いており、住んでいた寮を飛び出し裁判を起こしました。

岡田さんは1~2年ほど前から事務所の仕事選びに不信感を抱くようになりました。昨年にドラマの仕事を急きょ入れられたことも、役作りに時間をかけたい岡田さんとしては納得がいかなかったそうです。また、事務所の社員の入れ替わりが激しく、昨年には岡田さんの担当マネージャーを含め、何人ものスタッフが退職しています。そのことに違和感を覚えた岡田さんは、次第に社長への疑念を強めていきました。
引用:Yahoo!ニュース

その裁判では岡田健史から本名に改名する意向を表明。

社長の岡田直弓さんはこちらの方ですね。

画像引用:文春オンライン

岡田直弓さんはパワハラこそあったものの、元々水上恒司さんの容姿や才能に惚れ込んでいたのです。

そんな水上恒司さんを中学時代から目にかけていましたが、創成館高校を卒業しついに岡田健史さんが俳優の道に進むことが決定しました。

それに喜んだ岡田直弓さんは、自身が持つ『岡田』の姓を水上恒司さんに授けたんだそう。

堀北真希さん(32)や桐谷美玲さん(31)らを発掘したスウィートパワーは業界屈指のスカウト力で知られる事務所。そして、中学1年のときから5年かけて口説き落としたのが岡田さんなんです。 そんな彼に自分の名字をつけるほど強い期待を寄せていたのが、事務所の岡田社長でした。
引用:Yahoo!ニュース

その後は瞬く間に卒業した次の年で有村架純さんと“中学聖日記”で共演し大ブレイク。

『岡田健史』として世間から認知されるようになりました。

岡田健史さんと岡田直弓さんの関係はまさに“師匠と弟子”のような関係に思えますよね。

そんな関係があった上、すでに岡田健史として認知されていたのに改名するということはよほど強い覚悟があるのでしょう。

裁判や社長との関係が泥沼化している様子が伺えますね。

なぜ本名で活動していなかった?

岡田健史

結論から申しあげますと、なぜ岡田健史さんが本名ではなく芸名で活動していたのかは明らかになっていません。

ただ当時は事務所の社長の岡田直弓さんに信頼を置いていたから与えられた芸名で活動をしていたと考えられます。

甲子園にも幾度となく出場ており全国でも有数の野球の強豪校に特待生として進学した水上恒司さん。

当時は野球に没頭していたものの、先述の通り中学校時代から岡田直弓さんに5年間にもわたる熱烈なスカウトを受け続けます。

その結果野球部引退後には創成館高校の顧問の先生や校長先生にも

演劇部に出てみらんや〜

という誘いを受け演劇の道に進みました。

「演劇部に出てみらんや〜!」って(笑)。あっ、演劇かって。ちょうどその頃何もすることない時だったので迷うことなく受けました
引用:VOGUEGIRL

その後は実際に演劇部に入団し、当時の経験がきっかけになり俳優としての道を志すようになりました。

当時からイケメンキャッチャーとして有名でしたし、創成館高校でもきっとスカウトを受けていることは認知されていたのでしょう。

そう考えると岡田直弓さんが岡田健史さんの俳優へのきっかけを与えたのは紛れもない事実。

今でこそ裁判沙汰になってしまっていますが、当時は感謝し全幅の信頼を置いていたから授けられた芸名で活動していたのではないのでしょうか。