芸能人

中村倫也の父親の職業は建設関係の自営業?母親は専業主婦で実家は金持ち!

現在さまざまなドラマにバラエティに引っ張りだこな中村倫也さん。

中村倫也さんはそのフランクな性格から幅広い世代に愛され、演技だけでなく人柄も愛されていますよね。

そんな中村倫也さんはどんな家庭育ったのかとても気にな理ます…!

今回は、『中村倫也の父親の職業は建築の自営業?母親は専業主婦で実家は金持ち!』と題して、中村倫也さんの両親や実家について調査しました。

▼今回の記事の内容はこちら▼

・中村倫也のプロフィール
・中村倫也の父親の職業は建設関係!
・中村倫也の実家は金持ち|母親は専業主婦

ということで早速本題に入っていきましょう!

中村倫也のプロフィール

中村倫也の画像
中村倫也ってこんな人

本名:中村友也
生年月日:1986年12月24日
血液型:A型
所属事務所:トップコート
身長:170cm

高校時代から現在の所属事務所のトップコートで勤務していた江川卓の娘からからスカウトを受け、芸能界へ進出。

2018年のNHKの連続テレビ小説『半分、青い』に出演してからブレイク。

2020年、2021年では特にブレイクし、イケメンですが若い世代の方だけでなく幅広い世代から支持を集める現在大人気の俳優です。




中村倫也の父親の職業は建設関係!

中村倫也の画像

そんな中村倫也の父親の職業は建設関係であることがわかっています。

中村倫也さんが実家に帰省するたびに、実家のどこかしらが変わっているほど、リフォームをされているようです。

また、中村倫也さんの父親の職業柄、建築士の資格も持っているようで、日曜大工(DIY)が趣味。

また、『中村倫也のオールナイトニッポン』というラジオでは、実家には電気のこぎりや電気サンダーなどのDIYの道具があるということを明らかにしました。

父親のDIYや建築業に対する熱量はすはまじいもので、趣味に止まらず「将来的には人体工学や生体工学的に優れているイスの制作を目標」として取り組んでいるようです。




中村倫也の実家は金持ち|母親は専業主婦

中村倫也の画像

そんな中村倫也さんの実家がとてもお金持ちなことがわかっています。

収入の柱は父親。

以前中村倫也さんは父親の職業のことをサラリーマン、母親は専業主婦ということが判明しているのですが、今では父親は独立して建設関係を営んでいる可能性が非常に高いのです。

僕自身は、とっても普通のサラリーマンと専業主婦の両親のあたたかい家庭で育ちました
引用:CanCam.jp

理由は、以下の三つ。

・家が杉並の豪邸
・母親が専業主婦
・建築士の免許保有のため独立があり得る

一つずつ解説していきます。

中村倫也さんは以前『徹子の部屋』出演時に、杉並の荻窪に実家があることを明らかにしました。

そして、その実家が豪邸というのは隣人のSNSでの発言で判明。

また、『中村倫也のオールナイトニッポン』では、ヘアメイクアーティストである松田凌さんが同級生であることも判明。

その松田凌さんはSNSで杉並の荻窪出身であることがわかっており、中村倫也さんの実家が荻窪であるということまで連鎖してわかってしまったのです。

そして、先述の通り中村倫也さんの母親が専業主婦であります

ここまでだけで一旦まとめると、母親は専業主婦をしながら東京23区の荻窪で豪邸の一軒家を持ち、さらに父親の趣味はDIYでことあるごとに家をリフォームしているのです。

そして、荻窪駅近辺の一軒家の価格帯は1200万円〜2億9800万円であり、相場は約7000万円です。

荻窪駅周辺で販売されているマンションの相場価格は3,730万円です。価格帯は950万円~9,580万円と幅があります。一戸建ての相場価格は 6,950万円です。価格帯は1,200万円~2億9,800万円と幅がかなり広くなっています。
引用:MOBILE 東急リバブル 

ピンキリである印象を受けますが、中村倫也さんの実家は豪邸であることが明らかになっているので、最低でも実家の物件は一億円はしているのではないのでしょうか。

そして、父親の職業が建設会社であることが明らかになっているので、大手の建設会社の給料を調べてみたところ、ショーボンドホールディングスが1位で平均年収1364万円と言われています。

しかしながら年収が仮に1364万円以上あったとしても、一億円の物件を購入するのはかなり難しいですよね。

年収1000万円の世帯は、かなりの高額物件の購入も可能に。25年ローンを組めば、約4200万円、30年ローンなら約4700万円、35年ローンなら約5200万円の融資が受けられます。

仮に自己資金が2000万円あれば7000万円の物件購入も可能です。毎月の返済額は20万円ほど。ここの所得層は収入が高くても教育費の支出が大きいため、やはり年収の20%以内に抑えたほうがいいでしょう。
引用:LIFULLHOME’S

ただ、以前はインタビューで普通のサラリーマンであると言っていたものの、建築士の免許を持っているとなると独立して自営業であることも考えられます。

建設関係の自営業であれば1億円以上の物件を購入することも十分に可能です。

独立開業すれば、年収1000万円以上も可能となります。中には1500万円以上を稼ぐ独立一級建築士もいます。
引用: 給料BANK

給料が1500万円以上、2000万円近くあれば1億円以上の物件を購入することは可能ですので、中村倫也さんの父親の職業は建設業で独立開業している可能性が非常に高いです。




まとめ

今回は、『中村倫也の父親の職業は建築の自営業?母親は専業主婦で実家は金持ち!』と題して、中村倫也さんの両親や実家について調査しました。

父親が建設関係の職業をしていて現在は独立し実家はお金持ちである可能性が高いことが分りました。

中村倫也さんが『余裕のある男』に見えるのもこのような良い家庭環境で育ったからなのかもしれませんね!

これからも中村倫也さんの期待に胸が高間まります!

今回は以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございました。