お笑い芸人

水川かたまりの本名『水川航太』が卒アル画像で判明!芸名の由来は母親の言葉!

お笑い芸人水川かたまりとして大ブレイク中の水川かたまりさん。

キングオブコント決勝常連という実力もさることながら、水川かたまりさんはイケメン芸人として女性人気も高いですよね。

そんな水川かたまりさんが特徴的な芸名のため本名が気になる方も多いのではないのでしょうか。

結論から申し上げますと、水川かたまりさんの本名は『水川航太』ということが学生時代の卒アル画像から判明しています。

さらに、水川かたまりさんの芸名の由来は母親のある言葉からだったんだとか…!

それでは早速本題にいきましょう!

水川かたまりの本名『水川航太』が卒アルで判明!

水川かたまりさんの本名が『水川航太』であることがわかる学生時代の卒アル画像を見てみましょう。

水川かたまりの本名がわかる卒アル画像

現在の30歳を超えた水川かたまりさんの面影は若干あるものの、今は非常に垢抜けこの時とは別人のような印象を受けます。

この画像は岡山市立旭東中学校時代の卒アル画像です。

ちなみに水川かたまりさんの学生時代は超優秀で、高校は岡山県屈指の進学校岡山城東高校に進学します。(偏差値67)

現在ブレイク中のミュージシャンのの藤井風さんも同じ岡山城東高校出身です。

藤井風は英語力がペラペラの理由はなぜ?父親と生い立ちが関係!動画若手ミュージシャンとして圧倒的に異彩を放つ藤井風(ふじいかぜ)さん。 英語力もすごくてペラペラでネイティブレベルなのですが、藤井風...

岡山城東高校卒業後は、慶應義塾大学の法学部政治学科に進学していますが、「大学がつまらない」という理由で中退しています。

水川かたまりの芸名の由来は母親の言葉!

水川かたまりさんの芸名の由来は、母親の言葉からでした。

『あなたはよくかたまっているから、かたまりでいいんじゃない』

この言葉から芸名『水川かたまり』が誕生したとのこと。

芸名の「かたまり」は、母親に芸名を相談した際「あなたはよく固まっているから『かたまり』がいいんじゃない」と言われたことから由来する
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/空気階段

芸名も本名も母親が名付けているようです。

ちなみにですが、水川かたまりさんは生粋のマザコンとして有名です。

というか、水川かたまりさんは母親の言うことをなんでも聞いてしまうんですね。

水川かたまりのマザコンエピソード

・高校時代の彼女を母親に紹介すると、彼女が帰ったのちに『45点やな』と言われ、1ヶ月後に破局

・「あんたはぼーっとしているから運転免許を取るな」と言われ、普通運転免許を断念

・空気階段の恋愛系のコントの女性役に母親を投影

もぐら あれは母親なんじゃないですか。水川はマザコンですからねえ、大マザコン。だからそういうコント中の女性に母親を投影している可能性はありますよね。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/0dd45642674c3488092a056a8ce0fdef2a51cea2?page=2

これだけ母親のことが大好きで意見を参考にしてきたなら、芸名を決める時も即答していたのではないのでしょうか。

水川かたまりのプロフィール

それでは簡単に水川かたまりさんのプロフィールについてみていきましょう。

水川かたまり
水川かたまりのプロフィール

芸名:水川かたまり

本名:水川航太

生年月日:1990年7月22日

出身:岡山県岡山市

身長:173㎝

体重:51kg

血液型:AB型

水川かたまりさんがお笑いに目覚めたのは大学中退後でした。

名門慶應義塾大学を中退してしまった理由としては、

・岡山弁の語尾『〜じゃが』がでてしまい、ジャガイモ星人と言われたこと

・サッカー経験者である水川かたまりさんの本気で蹴ったボールが女の先輩に直撃し泣かせてしまい、「耳に当たったぐらいで大丈夫じゃろ」と言い放ちサークルにいづらくなったこと

・単純につまらないと感じたこと

このような理由が挙げられます。

しかし大学中退後に1年半ほど引きこもり、爆笑問題のラジオに没頭し芸人を目指すようになりました。

その後は、2011年20歳の時にNSC(吉本総合東京学院)に17期生として入学。

同期に現在の相方の鈴木もぐらさんがいて、2012年に空気階段が結成されます。

ただその後はほとんどテレビ出演などはなく、下積み時代は長かったのです。

しかし2018年『有吉のおまんじゅうがもらえる演芸会』にて優勝。

その後はキングオブコントに2大会連続で決勝に残るなど、テレビでも引っ張りだこになりました。

特にキングオブコント2020で披露した『霊媒師』は空気階段の鉄板ネタの一つです。

今回の記事は以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございました。