三笘薫の学歴がすごい!大学は筑波で高校はスポーツ科に在籍!?

川崎フロンターレで現在大活躍の三笘薫選手

そんな三笘薫選手の学歴がすごいと話題になっており、小学校、中学校、高校、大学とまさにサッカーの超エリート街道

特に大学はサッカーの超名門の筑波大学に在籍し、高校はスポーツ科のある高校に通っていたのです..!

三笘薫選手の大学時代!超名門筑波大学蹴球部へ!

大学ではプロサッカー選手を多数輩出する大学サッカーの超名門筑波大学蹴球部でサッカーをすることとなります。

筑波大学のほどの名門だと、Jリーグの下部組織のエースや、高校サッカーの全国大会常連校の中心選手が集います。

しかしここでも三笘薫選手はレギュラーを獲得し、中心選手として活躍します。

その中でもサッカー界を驚かせたのが、全日本サッカー大会「天皇杯」でJ1ベガルタ仙台をアマチュアである大学のサッカー部の筑波大学蹴球部が下すジャイアントキリングを起こしたことです。

この時の活躍で、「三笘薫」という選手の名前が、サッカー界に一気に広ました。

川崎フロンターレでは滑らかなキレのあるドリブルが特徴的ですが、この時からその武器は健在のようです。

三笘薫選手の高校時代!スポーツ盛んな高校出身で、スポーツ学科に在籍!?

三笘薫選手は川崎市立橘高等学校に進学しています。

サッカーの方は小学校時代から所属している川崎フロンターレの下部組織の川崎フロンターレUー18に昇格!

三笘薫選手の学科は不明ですが、この川崎市立橘高等学校はスポーツ科があります。

これだけスポーツ万能な三笘薫選手。川崎フロンターレに所属していたことも考えると、
スポーツ科に通っていた可能性がかなり高いと思われます。

また川崎市立橘高等学校は、バレーボール強く春高バレーには常連校で、プロのバレーボール選手も多数輩出しているバレーボールの強豪校です。

それだけスポーツが盛んな学校だと、刺激を受けることができてスポーツに取り組むにはうってつけの環境だったのではないでしょうか!

ここでも才能を発揮して、ついに川崎フロンターレのトップチームへの昇格の打診が来ます。

しかしながら三笘薫選手は大学進学を選択したのでした。

そしてその大学ではとんでもない活躍をしました!

三笘薫選手の中学校時代!田中碧選手とは旧友だった!

中学校時代は川崎市立有馬中学校に通っていました。

サッカーチームは川崎フロンターレの下部組織に所属しています。中学の下部組織チームなので、川崎フロンターレUー15となります!

川崎市立有馬中学校には、川崎フロンターレに所属している三笘薫選手より一つ年下の田中碧選手や、タレントのベッキーさんも同中学出身のようです!

川崎市有馬中学校出身の主な有名人
・ベッキー(タレント)
・新井恵里那(フリーアナウンサー)
・木口亜矢(タレント)
・高井雄平(プロ野球選手)
・田中碧(プロサッカー選手)

三笘薫選手と田中碧選手は付き合いも長いようです。

三笘薫選手自身が自分のことをよく理解している人に、田中碧選手のことを挙げられていました!

サッカーはチームスポーツですから、これだけ付き合いが良くてお互いのことを理解している二人が同じチームにいる川崎フロンターレの今後も楽しみです!

三笘薫選手の小学校時代!神奈川県屈指の古豪から川崎フロンターレに!

小学校時代の三笘薫選手は、兄の影響でサッカーを始め、神奈川県川崎市のさぎぬまSCというサッカーチームに通っていました。

通っていた小学校は、川崎市立鷺沼(さぎぬま)小学校です!

そしてなんとこのさぎぬまSCは、1979年(昭和54年)からある非常に歴史のあるサッカーチームなのです!

さぎぬまSCの主な戦績
・関東大会ベスト8
・県大会準優勝2回
・川崎市U12公式戦7連覇
・川崎市U−11公式戦9連覇

この経歴からわかるように、
神奈川県屈指の古豪チームに三笘薫選手は所属していました。

今の大活躍もこのさぎぬまSCでサッカーの基礎が養われたことが大きいのではないのでしょうか。

さぎぬまSCでは実力をメキメキと伸ばした三笘薫選手。

そしてついに川崎フロンターレの小学生の下部組織である、
川崎フロンターレUー12から声がかかり、
移籍することとなります。

移籍後の小学校5年生時に、
ダノンネーションズカップという
FIFA(国際サッカー連盟)公認の大会が開催され、
三笘薫選手は出場を果たします。

その大会は「小学生年代のワールドカップ」と呼ばれる非常に大きな大会です。

そして当時の三笘薫選手率いる川崎フロンターレUー12は決勝トーナメントまで勝ち進んだのです。

それを三笘薫選手がサッカー人生で嬉しかった試合の一つにも挙げています。

Q:サッカー人生で一番嬉しかった試合は?

A:小学5年のダノンカップ決勝、大学2年の天皇杯 ベガルタ仙台戦

引用元:川崎フロンターレ official WEBサイト

これからも三苫薫選手の活躍に期待したいですね!

今回は以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です