マスクドシンガーの撮影時期は2月のコロナ禍!観客がマスクなしだけど合成?

マスクなし&密のマスクドシンガー

現在Amazonプライムで話題になっているマスクドシンガー。

その観客が撮影時期がコロナ禍にも関わらずマスクなしで密なのが非常に気になります。

ネット上の意見では、マスクドシンガーの観客は韓国版の時の映像を切り取りし、合成で使っているのではないかと言われるほどに。

早速ですが結論から申し上げますと、マスクドシンガーはコロナ禍にも関わらずマスクなしで観客を入れていた可能性が非常に高いです。

今回は、『 マスクドシンガーの撮影時期は2月のコロナ禍!観客マスクなしで合成だった?』と題してまとめました。

▼この記事でわかること▼

・マスクドシンガーの撮影時期
・マスクドシンガーの観客が合成ではなく実物の理由

それでは早速本題にいきましょう。

マスクドシンガーの観客がマスクなし&密が気になる!

マスクドシンガーは2021年9月3日からAmazon Prime Videoで放送されている音楽番組です。

実際の映像や様子は有料なので掲載することができませんが、予告編でも十分に様子はご覧になれますのでこちらをご覧ください。


再生ボタンを押すと動画が流れます。

中でもマスクなしが気になったシーンをピックアップしていきますね。

マスクなし&密のマスクドシンガーの観客

マスクなし&密のマスクドシンガー

こんな感じです。

出演者はもちろんのこと、マスクなしはおろかフェイスガードすらしていないんですよね。

さらにいうとソーシャルディスタントどころか、めちゃくちゃ観客同士も近くて密ですよね。

しかも後述しますが、これの撮影時期がコロナ禍真っ只中ということですから恐ろしいです。

マスクドシンガーの撮影時期は2月のコロナ禍!

マスクドシンガーの撮影時期は2021年の2月です。

こちらに関しては、AmazonPrimeVideoの公式が発表しています。

マスクドシンガーの撮影時期がわかるもの

先日の公開より、ザ・マスクド・シンガーをご視聴いただきありがとうございます。

ザ・マスクド・シンガーは、2021年2月に厳格なコロナ安全対策の下で撮影されました。

とコメントを出しています。

つまり、 このマスクなしで密な環境は2021年の2月中にがっつり行われていたということですね。

続きまして、この撮影がコロナ禍ということは分かりましたが、観客が合成なのではという噂が立っています。

真偽のほどはどうなのでしょう、見ていきましょう。

マスクドシンガーの観客は合成?韓国版のエキストラ映像を使用した?

こんなコロナ禍に…!さすがにこんなことはしないでしょうということで、この観客に合成疑惑が相次いでいます。

マスクドシンガーの観客が韓国版の合成なのではないかという意見

マスクドシンガーの観客が韓国版の合成なのではないかという意見

結論から申し上げますと、観客は韓国版覆面歌王のエキストラを使用したという可能性は極めて低いです。

考えられる理由は以下の3つ。

・合成とは考えにくい配置
・観客が明らかにマスクドシンガー仕様
・公式が観客も対策していると発表しているから

一つづつ解説していきますね。

合成とは考えにくい配置

まず1つ目の理由としてあげられるのが、合成とは考えにくいマスクドシンガーの観客の配置です。

こちらの画像をご覧ください。

マスクドシンガーの剛性と言われている観客

この画像をご覧になっていただければわかるように、出演者と一緒に観客が映っています。

これは非常に合成としては非常に考えにくいですよね。

公式が観客も対策していると発表しているから

2つ目に、Amazon Prime Videoの公式が対策は万全です!ということを発表しているんですよね。

出演者・制作スタッフ・ 観客を含み番組制作に関わる全ての人々に、定期的なPCR検査を撮影全機関に置いて義務としていました。

これが決定打になりうるのですが、観客にPCR検査をしているんですよ。

言い換えるならば、観客もその場に居合わせたということです。

これはもうマスクドシンガーの観客が合成だった情報がガセだったということを決定打としていいでしょう。

観客が明らかにマスクドシンガー仕様

最後に3つ目の理由として挙げられるのが、 観客が明らかにマスクドシンガー仕様ということです。

マスクドシンガーのために撮影された観客としか考えられない格好をしているんですよね。

マスクドシンガーがモデリングしたと思われる韓国の歌番組は「覆面歌王」という番組です。

覆面歌王に関してはコロナ禍になってから無観客となっていますが、コロナ禍前は観客を入れていました。

上記は、その覆面歌王の観客です。

マスクなし&密のマスクドシンガーの観客

続いて上記は、マスクドシンガーの観客。

マスクドシンガーというだけあって、観客も顔が隠れる覆面をしているんですよね。

そして調査してみたところ、この韓国版に同様の覆面の観客は見受けられませんでした。

つまり、 この覆面の観客はマスクドシンガーのために撮影された観客なのです。

このことからも、この観客は合成ではなくマスクドシンガーように撮影されたのでしょう。

マスクドシンガーの観客が合成の可能性まとめ

ということで、マスクドシンガーの観客が合成の可能性はほぼなしということがわかりました。

理由は以下の通り。

・合成とは考えにくい配置
・観客が明らかにマスクドシンガー仕様
・公式が観客も対策していると発表しているから

ということでしたね。コロナ禍でマスクなしで密での撮影ということですが、感染対策はどのような形を取っていたのでしょうか。

マスクドシンガーのコロナ対策は?

マスクなし&密のマスクドシンガー

先述でも少し触れましたが、マスクドシンガーの公式がコロナ対策はしていると発表しています。

まず通り全員にPCR検査を施しているということでしたね。

ただ、それ以外に公式からの発表はありません。

コロナ禍にも関わらず、

・マスクなし
・フェイスシールドすらなし
・観客同士は肩が触れるほど近いし密である
・観客は大きな声で歓声をあげている

いくら検査をちゃんとしていたとはいえ、『対策は万全だった』とは言い難いのではないのでしょうか。

マスクドシンガー出演者にコロナ感染者を確認か

ここからはネタバレも含みますので、まだネタバレを知りたくない方は読み進めないでくださいね。

マスクドシンガーの観客が密でマスクなしということが判明しましたが、 出演者に感染者はいるのでしょうか。

調査してみたところ、こんなツイートを見かけました。

この尾上某さんというのは、マスクドシンガーに出演した尾上右近さんのことでしょう。

確かに調査してみると、尾上右近さんはコロナに感染しています。

画像引用:https://www.shochiku.co.jp/wp-content/uploads/2021/08/20210823oshirase_2.pdf

ただ、尾上右近さんが感染したのは2021年の8月のこと。

マスクドシンガーの撮影時期は2月ということを公式が発表しています。

なので、マスクドシンガーの出演者にコロナ感染者は確認できたものの、マスクドシンガーの影響で感染したというのは非常に考えにくいです。

また、さらに調査をしてみたところ出演者及び観客として出演した方の中にコロナに罹患した!という情報はありませんでした。

この辺りの続報があれば追記していきますね。

マスクドシンガーの撮影時期まとめ

今回は、『 マスクドシンガーの撮影時期は2月のコロナ禍!観客マスクなしで合成だった?』と題して調査しました。

一応撮影時期はコロナ禍であったものの、番組は対策をしているという情報がありました。

さらには現段階ではマスクドシンガー出演者の中にはコロナ感染者は出ておりません。

ただ、対策はしているとはいえマスクなし&ソーシャルディスタンスなしのかなり密の状態。

この時期にそれはちょっと…と感じてしまう方がほとんどではないのでしょうか。

また感染者などの情報があれば追記していきますね。

今回は以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です