お笑い芸人

きつねの大津広次は整形でイケメンに!エラ張り前の顔からの変化を画像まとめ

きつねの大津広次

小学校1年生からの幼馴染で漫才をする『きつね』の大津広次さんがイケメンと話題になっていますね!

ただ大津広次さんは自身で顔を整形しているということがわかっており、その総額は100万円を超えています。

▼この記事でわかること▼

・大津広次の整形前と顔の変化後の画像
整形をした箇所(エラなど)
なぜ整形したのか

ということで早速本題にいきましょう!

【画像】きつねの大津広次は整形してさらにイケメンに!

まずは大津広次さんの現在の整形後のイケメンの画像を見てみましょうか。

大津広次の整形後の画像

やはりパリピ漫才を売りにしているだけあってめちゃくちゃイケメンですし、最近の芸人さんの中でも群を抜いて男前な気がします。

そして、大津広次さんの整形前の顔画像がこちらになります。

きつねの大津広次の整形前の画像

整形を開始したのが19歳の時からですので、おそらくですが学生時代の頃の写真と思われます。

意外と…というか普通に整形前からイケメンな気がしますが、エラが明らかに削れているのがわかります。

それでは大津広次さんがどこを整形したのか詳しく見ていきましょう。

 




大津広次は前の顔からどこが変化した?

結論から申し上げますと、きつねの大津広次さんが整形したのは現段階でわかっているのはエラのみで、それ以外には整形していない可能性が高いです。

比較画像がこちらになります。

きつねの大津広次の整形前と後の顔の変化がわかる画像

この写真をみても、特にエラ以外の変化は見えませんよね。

鼻も前より変わったようにも見えませんし、整形の主流となっている目頭切開もしているように見えません。

そして大津広次さんがいつから整形をし始めたのかというと、19歳の頃です。

28歳の2018年ににインタビューされた時には、ボトックスでエラの筋肉細める注射にすでに60万円以上の金額を使ったことを明かしています。

その後2021年6月9日の31歳の時にはに関西テレビ系の「関ジャニ∞のジャニ勉」に出演した時には、合計100万円以上の金額を整形に費やしたことが明らかになりました。

ボトックス注射というのは、エラの筋肉を削るのではなく、神経伝達を一定期間ブロックすることでエラの筋肉を小さくしていくというものです。

ボトックスとはアラガン社から販売されているボツリヌストキシン注射のことで、エラに注射することでエラの張りが解消され、注射後なんと2~3週間でシュッとしたお顔の印象に変わってしまう小顔注射なのです
引用:東京中央美容外科

大津広次さんは19歳の時から整形に目覚めてボトックス注射をしているということなので、もうすでに10年以上も継続しているということですね。

また、大津広次さんはニューハーフと付き合うことを明らかにしていたり、整形をカミングアウトしたようにかなりオープンな性格をしています。

にもかかわらず、他の整形箇所の整形はカミングアウトされていませんし、金額的にも100万円一気に増えたというわけではなさそうなので、おそらく整形したのはエラだけでしょう。

また他の箇所も整形したことが明らかになりましたら、追記していきますね。

大津広次はまだまだ整形する?

1番のコンプレックスだったエラが整形により解消できたと思えましたが、大津広次さんはまだまだ整形願望があることがわかっています。

これから整形しようと思っていることは、以下の通りです。

・顔にヒアルロン酸の注射
・左右非対称になっている眉毛の位置を修正する整形

エラのボトックス治療がひと段落し、もう行かなくてもいいという段階になった時にはヒアルロン酸の注射をしたいと発言していました。

でも、それももう行かなくて良くなってきたので、次は肌ヒアル(肌へのヒアルロン酸注射)をやっていこうかなって思っています。
引用:excite.ニュース

ヒアルロン酸は体にも元々ある物質ですが、さらに人工的に美容目的で注射することで、注射肌の水分を保ち、シワを無くしたりハリを保つようにしてくれるようです。

注射に用いるヒアルロン酸は透明なジェルです。
ヒアルロン酸は体内にもともとある物質で、肌の水分を保つ役割があります。体内にある物質ということは、つまり自身で分解できるということです。
引用:東京中央美容外科

何となく個人的な感想ですが、ヒアルロン酸注射をする人の多くは女性が行うものだと思い込んでいたのですが、現在美容意識の高い男性も行っているようですね。

また、他にも眉毛の高さが違うことから、眉毛の位置も修正するような整形をしたいということを「関ジャニ∞ジャニ勉」出演時に発言していました。

整形をしていることから大津広次さんが美容意識が非常に高いことがわかりましたが、相方の淡路幸誠さんには女性ホルモンを飲んでいたことも暴露されています

芸人である大津広次さんですが、なぜここまで美容意識が高いのでしょうか?




大津広次はなぜ整形した?

大津広次さんは先述の画像をみても十分なほどにイケメンでしたが、なぜこんなに整形をしたのでしょうか?

その理由は、

自動車教習所の時にバックミラーに映った自分のエラがとにかく張っていたから

だそうです。

当時高校を卒業して19歳という年齢もあることから、今後恋愛とか人間関係で悩まないように、自分が付き合える人になろうということで整形を始めたようですね。

「僕、教習所でバックの練習してたんですよ。で、バックミラー見るじゃないですか。その時にムチャクチャ、エラが張ってたんですよ。この先、恋愛とかでいろいろ悩むじゃないですか。自分が付き合える人になろう」と決意し、美容整形を始めたという。
引用:Yahoo!ニュース

整形を開始した19歳とほぼ同じ頃に、きつねとして五人ユニット(現在は淡路幸誠さんと二人)として活動していましたが、その時の芸風は全く異なっていました。

もみ合いになってTシャツを破るようなコントをしていたようですが、当時は全くウケなかったことをのちに明かしています。

てっきり、今の芸風がパリピ系の漫才なのでそれのために整形をしたのかと思いきや、どうやら違ったようです。

ただ大津広次さんは芸人の中でも生粋のイケメンですので、大津広次さんの整形は成功と言われることが多々あります。

その容姿から多くの女性ファンも虜になっており、お笑いの仕事のためではなかったとはいえ結果的に整形が仕事にいい影響を及ぼしてくれているのは事実でしょう。




まとめ

今回は、『きつねの大津広次は整形でイケメンに!前の顔からの変化を画像まとめ』という内容で大津広次さんの整形事情についてまとめました。

大津広次さんは整形に限らず非常に美容意識が高く、その結果多くのファンを獲得していることがわかりましたね!

ただそのイケメンな容姿だけでなく、きつねの漫才は本当に面白いのでこれからも活躍が楽しみですね!

今回の記事は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。