名古屋市長河村たかしが反省してないし恥ずかしい!棒読み謝罪会見がひどい!

河村たかし名古屋市長がソフトボール日本代表の後藤希友選手の金メダルを噛んだとして大炎上していますね。

河村たかし市長は2021年8月5日に謝罪会見を開きましたが、その会見の内容が全く反省していない、恥ずかしいとの批判の声が相次いでいます。

全く反省の色が見えない態度、謝罪文を棒読みの原稿、全く謝る態度ではないという著名人からの指摘も相次ぐほど。

それでは早速一つずつ見ていきましょう!

河村たかしの棒読み謝罪会見の内容がひどい!

それではまず河村たかし名古屋市長の記者会見を見てない方がいましたらこちらの動画をご覧ください。

動画を見れない方用にコメントも一部抜粋しておきます。

この度トヨタ自動車様ご所属の後藤希友選手初め関係者の皆様が、

 

東京2020オリンピック大会における優勝報告としてご訪問いただいた際、

 

軽率にもご本人様の長年の努力の結晶であります、金メダルのを汚す行為に及びました。

 

名古屋市長としての立場をわきまえない極めて不適切な行為だったと痛感しており、

 

ご本人様もとより関係者の皆様に多大なるご不快な思いとご迷惑をおかけし、誠に申し訳なく心からお詫び申し上げます。

文面に起こしてみるとしっかりした謝罪文のようにも見えますが、動画をご覧いただいた方ならわかるかと思いますが何度も噛み、言い直している箇所があります。

その様子をみると正直、『この文は本当に自分で考えたのかな…』と感じてしまう方も多いことでしょう。

反省してないと言われてるポイントは?

コメント欄にて河村たかし市長の反省していないと指摘されている箇所をまとめました。

・謝罪会見なのに反省しているように見えないふてぶてしい態度

 

訪問した際には部下にトヨタ本社に謝罪文を提出させ、本人敷地内に持っていかずに車で待機していた

 

・台本を棒読みしている様子

 

・敬語を使わない対応

 

・後藤希友選手に敬意が感じられない

河村たかし名古屋市長のこのような態度が挙げられていました。

ただこの謝罪会見の様子を受けて、反省していないと指摘したのはネットの方々だけではありません。

東国原英夫も反省していないと指摘!

反省してないと批判が相次ぐ河村たかしさ名古屋市長の謝罪会見を受けて、元宮崎県知事でタレントの東国原英夫さんも意見を述べています。

河村市長の謝罪会見。あの謝り方は一体何なんだ?全く反省の色が見えない。道徳的・同義的・資質的に如何なものか。辞任レベルである。

このように河村たかし市長の棒読み謝罪会見に関して指摘しました。

東国原英夫さんは続いて、

自らのリスクマネージメントができないのに自治体の危機管理ができるのか?日本や名古屋が恥をかくことになる

と指摘しました。

続いて落語家立川雲水さんは以下のようにTwitterでコメント。

「市長、貴方の今の謝罪は、明らかに他人の書いた文章を読み上げただけですよね?ご自身で書かれた文章ならば、そんな詰まり方はしませんよ一体誰に書いてもらったんですか!その原稿は?」

「前に事務局長やっとった田中孝博が発注した人材屋に代筆用の人材を頼んだんだわ」

というように、ユーモアを交えながら河村たかしさんの記者会見の謝罪が明らかに棒読みだったことを指摘しました。

河村たかしの最初に出した謝罪文も反省してない?

名古屋市長である河村たかしさんは、2021年8月4日にメダルをかじってから、当日に謝罪コメントを出しています。

その一部抜粋がこちらになります。

「最大の愛情表現だった。金メダル獲得はあこがれだった。迷惑を掛けているのであれば、ごめんなさい」

すでに炎上してしまっているのに『迷惑掛けているのであれば』というのが多くの方々の反感を買ってしまっているようです。

炎上に次ぐ炎上で、もはや収集がつかない事態となってきてしまっています。

名古屋市長河村たかしが反省してないし恥ずかしい!ネットの反応は?

今回の河村たかし名古屋市長が行った謝罪会見についてのネットの反応について見てきましょう。

会見を見ましたが、誰かが考えた文章をそのまま読んだだけ。棒読みで心こもっていない。

最悪な謝罪で謝りたくないんでは?と思ってしまうくらいです。

さっぱり反省の色が感じられない会見だった。まず文章を棒読み。

そしてトヨタに謝罪に行ったとされるが、自分は待機していて、実際に行った人間の名前も出てこない

私も見ましたが、本当に上から目線で謝ればいいでしょ、的な態度でびっくり。

メダルかんだかとかはヘラヘラにやにやで、謝罪会見の時は不服そうで。全く悪いと思っている感じが伝わりませんでした。やっぱりこの人変。

会見を見ましたが読み上げた文章はおそらく自分で考えたものではなく、反省の気持ちも全く感じられませんでした。

市長としてどうこうというよりも、一人の人間としてありえない行為で選手が可哀想でなりません

このようにとにかく大炎上してしまっています。

やはり態度が悪い点、謝罪文がどうしても棒読みに見えてしまう点が批判の的になっているようです。

その結果名古屋市長というのが恥ずかしい、反省していないという意見が相次いでしまっていたようですね。

今後の動きはまだわかりませんが、多くの方が納得する形で反省の色を見せてほしいですね!

今回の記事は以上となります、

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です